<< パフューム | TOP | ドラえもん 新魔界大冒険 >>

ナイトミュージアム
ナイトミュージアム公開日は3/17ですが、先行上映の枠があったので、10日の土曜日に行ってきました。

事前CMを見た段階では、
「不思議な石版を巡った冒険活劇物?」
「『ジュマンジ』とか『スーラ』とかみたいな感じ??」
「まさか『ハムナプトラ』みたくじゃないだろうし」
……なんて印象だったんですが……。
なにはともあれ劇場突入〜っス。

ストーリーは、
さえない中年男・ラリー。彼はどんな仕事も長続きせず、ヒットを狙っては開業を繰り返すも失敗の連続。そんな彼の履歴書には、職業紹介所でさえ呆れる程だった。
何度目かの失業の時、とうとう別れた妻に子供への接近を拒まれ、その愛する息子・ニッキーにも軽蔑されてしまう。
なんとか信頼を取り戻すべく、すがる気持ちで自然史博物館の夜警に就くも、その夜の博物館にはとんでもない秘密が。
突如動き出す、ティラノサウルスの骨格、ジオラマの小人、剥製の猛獣たち。そして、ルーズベルトの蝋人形。
はちゃめちゃな展示物たちに振り回されるラリーは、今度こそ逃げ出さずにやり遂げられるのか!?

……そんな感じでしょうか。

85点。(脚本:5/演出:4/映像:3/音楽:3/配役:3)

いざ見てみたら、事前の印象は、「半分正解」「半分不正解」。
良くも悪くも、「単純明快なファミリームービー」でした。
でも、かなり面白かったです。
「謎解き」とか「アクション」とか「冒険」とか「スリル」とか全くないんですが、
「ドタバタ」と「ハートフル」がうまくミックスされていて、素直に楽しめましたヨ。
「トイ・ストーリー」「ドクタードリトル」あたりが好きな人には楽しめると思います。
逆に、「ホームアローン」系ではありますが、あの手の過激演出(?)好きな人には物足りず、それこそ「ハムナプトラ」的なのを期待してる人には全く勧められません。
実写ではありますが、演出とかはアニメっぽくて、映画としては幼稚なので、「大人が楽しむ映画」ではないです。
自分も含め、嗜好が子供っぽい人や、ズバリお子様にはバッチリな映画かと。
そんなわけで、見事、私の嗜好にバッチリはまってました! オモロカッタ!!
(なにせ、10日に見た後、付き合い半分とはいえ21日にも行っちゃったくらい)
久々に超絶ヒットな映画です。

ちなみに、好きなシーンはいっぱいあるんですが、何よりラストカット→エンドロールの入りが一番ツボりました。
(ラリー良かったね!って気持ちになります)
:: 映画(2008年まで) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
コメント




※文中にメルアドやURLがあると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のメルアド宛にお願いします。
トラックバック URL
http://blog.nisekobox.com/trackback/56