<< 大神伝・その2 | TOP | 大神伝・その4(完) >>

大神伝・その3
大神伝 ~小さき太陽~(特典なし)プレイ時間:17時間ほど 

1日5〜6時間ペース
昔ゲームばっかりやってた頃と比べると短時間だけど、めっちゃ毎日ゲーム漬けな気分です。
なんとなく折り返し過ぎたような気がするけど…気がしてるだけかも。

以下プレイメモ。
※ぼちぼちネタバレしてます。
・悪路王
菅原道真に取り憑いていた悪玉登場。
時々出てきてたけど、菅原道真の怨念じゃなくて、別の存在だったのね。
怨霊王やら悪路王やら…王ってのは、下に持ち上げてくれる存在がいてこそだと思うけど。
自称してるだけだからいいのか??

新たな敵に驚く一行。
でも、個人的には、地下遺跡が破壊され、もう完全に入れなくなった(であろう)ことにショック。
調査書まだ2つ残ってたのに…失敗確定です
いや、ダンジョンから出た時点でもうダメだったのだろうけど。

・たいむとらぶる
ゲンナイの発明(というか設計図からの再現)で、悪路王を追って過去へ。
てっきり幽門扉を目指すのかと思いきや、タイムマシンて

着いた先は海で、おぼれるチビテラス&クロウ。
てか、クロウは飛べばいいのでは??
そうこうする間に商船・高麗丸に助けられる。
この船…あの船か!?
その辺に日本人形が転がってるんじゃないかとヒヤヒヤしてしまう。

船長がなぜかオトヒメと知り合いで、あっさり召喚。
海の女王がほいほい出てきて良いんだろうか… 「大神」での威厳はゼロです。
「今は水龍姿にはなれない」とか言いつつ、気合いで出来ちゃってるし。
龍玉なくてもいいんじゃんよ!! 何のために海神は死んだのだ

・海底の祠
悪路王について調べるため、知識の宝玉のある祠へ連れてってもらうことに。
都合良く、うちでの小槌出現…ご都合過ぎる
祠の中は水中を強制スクロール。いやいやいや、シューティングゲームになってる!!
途中、イッスンの絵巻物が取れなかったり、筆技が決まらなかったりして、4回くらいゲームオーバー食らってしまった 「落陽」って悲しすぎる!
ボス戦はこれまたさらにシューティングゲーム。ほとんどグラディウスですやん。
シューティングゲーマー(だったこともある)の血が騒いてしまった

・ムラサキシキブと光源氏
なぜムラサキシキブはカタカナなのに、光源氏は漢字なんだ。(人と妖怪の差??)
でも2人ともいいキャラしてて、なんとも微笑ましい。今作のゲストで一番好きかも。
「キィィィィィィィィーーーッ!!」って声が、これまたツボる

・十六夜の祠(9ヶ月前)
スサノオと遭遇。おお、ここが初対面ってたことになってたのか。
「お前は、子ポチではないか」とか言われて、「??」だったが、やっと繋がった。
クニヌシ(過去)も登場。
本作でのクニヌシとスサノオたちとの関係には説明が付いたけど、今度は「大神」での説明が付かなくなってる様な…。だって、十六夜の祠の段階で出てきてたなら、「大神」でも出てこないとつじつまが合わないし。今後これまた何かあるのかな??

十六夜の祠は、ざっくりとは同じ地図だったけど、所々変わってたのは違和感が…。
他にも捕らえられてた人間とか、「大神」じゃいなかったじゃんよ!
「大神」でアレコレ走り回ったのとは違う場所なのかなぁ? 右の塔、左の塔的に。
イマイチ納得いかない…。

ヤマタノオロチ戦を傍観。おお、ついにアマテラス登場!!
でもスサノオの剣舞を助けちゃって、アマテラスの仕事奪っていいんだろうか。
それとも2匹で力合わせてたってこと?
やっぱりイマイチ納得がいかないなぁ。

・神木村(100年前)
悪路王を追ってさらに過去へ。んーー相変わらず都合良いなぁ。
シャクヤ現出。おお、ここが初対面だったのか。(パート2)
「チビテラス様ですね」ってスタート時にあっさり言ってた布石がここに。
だいぶん後付感が漂うがね
クロウが謎のメッセージにショックを受けて戦線離脱。
なんだ、なんなんだ?? なんかよからぬ雰囲気です。

・マンプク
釜飯丼? 分福茶釜的? 謎の少年が相棒に。「ポポロ2」で言う、マルコですね。
素っ頓狂なナリだけど、戦闘中のかけ声はなかなか凛々しいです。

・氷室
味見の元上司・旨味登場。
味見のしゃべり方が普通だ……と思ったら、旨味の前では猫被ってるだけだった。

氷ステージはなんでか苦手意識。
マンプクから線曳いて燃やすのなんて、カメラ引きすぎて、ほとんど手探りだし
ミズチ戦も、大砲に乗せたり降ろしたり燃やしたり…と、えらいテンパリ様でした。

白野威登場。て、えーーーー!? そんなんなん??
時系列的に、現在(9ヶ月前)・カムイでオキクルミを助けて負傷→100年前・イザナギを助けて瀕死→死亡…だと思ってたけど、間にもうひとつトラブル入れちゃって良いんだろうか。
あのケガで凍り付けとか…死ぬだろうに。
イッシャクの話し方が、まんまイッスンなのにもなんか違和感。
(いや、「大神」では若い頃は喋ってなかったけどね…)

・十六夜の祠(100年前)
レイアウトが違うとはいえ、同じダンジョンを何度も行くのは疲れてきた
新・ヤマタノオロチ戦もまたまたお手伝い。
て、ことは、この時間には、白野威・アマテラス・チビテラスの3匹がいたことになるね。
アマテラスは出てこなかったけどさ……

白野威を看取って、イッシャクと共にいざ弔い合戦!?
…ってあたりで、本日は終了。さすがに睡眠時間が足りなくなってきた
明日は翌日仕事だし、ほどほどにしときます。
:: ゲームプレイ記(大神伝) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
コメント
イッシャクは大神でも喋ってますよー。
真オロチを倒した後のムービーだったと思います。
そこでの喋り方も、イッスンと同じでしたよ。
kohaku | 2010/10/05 8:01 PM
おお、喋ってましたか!
てか、自分セリフ全部メモってたことあるのに完全記憶消失でした(^_^;)
たぶん、絵巻物での語り部口調と混同してたようです。
コメント有り難うございます。
1週間以上気がつかなくてすみませんm(_ _)m
二瀬古(管理人) | 2010/10/14 12:47 PM




※文中にメルアドやURLがあると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のメルアド宛にお願いします。
トラックバック URL
http://blog.nisekobox.com/trackback/293