<< プリンス・オブ・ペルシャ | TOP | トイ・ストーリー3 >>

ポケモンDP 幻影の覇者ゾロアーク
劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール「幻影の覇者 ゾロアーク」ミュージックコレクションポケモン観てきました
映画館に観に行くのはマナフィ以来。好きだけど、なかなか観に行く機会がないんだよねぇ…。子供向きはよほどの大作じゃない限りレイトショーが無いのが辛いです
今回もレイトショーは無いけど、ゾロアが好みだったので通常上映に。朝から1800円払ってポケモン観に映画館なんて、恥ずかしい大人ですなァ…ケッケッケ

アニメポケモンは、金銀編あたりからほとんど見て無くて、今のヒロインのヒカリのこともよく知らないし、サトシたちの手持ちポケモンはおろか、今どんなポケモンがいるかすら把握してないんだけど…まぁ、本編とは関わりあるよーなないよーな感じだし、大して問題なかろう

ご近所とはいえ、朝一に行くのは初めて。
思った以上の混雑具合に、入る前から疲れつつ…いざいざシアター突入です。
65点 (脚本:3/演出:3/映像:5/音楽:3/配役:4)

うん、普通。
まあまあ面白かったです。

ストーリーは、「ゾロアをメインに、ゾロアークとの親子劇」といったところ。
ゾロアは第一印象と違わず可愛かった!
意地っ張りで寂しがり屋で、ヨーギラスを彷彿とさせます。
しゃべるとは思ってなかったので、そこはかなり驚きましたが――ハム太郎の人だったし――話せないとゾロア視点でストーリーが進められないから仕方ないのかな。
でも、「オイラ、マーのトコに行くんだゾ!」とか言う度に、『ハム太郎…』とよぎるわけで…
しゃべるのはいいとしても、やっぱり違う人にして欲しかったです。

それと、一途にゾロアークを探すゾロアと、一途にゾロアの為に人間に利用されてやるゾロアークは、どちらもとても良かったけど、なにしろ目玉ポケモンが多すぎて、ちょっと主軸がブレブレでしたね セレビィは「物語の鍵」というより「物語の鍵のおまけ」だったし、3犬に至ってはただ出てきただけだし…
ホント、3犬は配信される色違いの宣伝にしか見えなかったです。
最初に今年の映画の予告が出た時は、セレビィが出るって事で嬉しかったんですけど、セレビィも3犬も出さず、あくまでゾロアとゾロアークに絞った方が良かったんじゃないかなぁ。
どうせなら、ガルーラ親子やバンギラス&ヨーギラスばりの親子劇が見たかったです。
「ゾロアのマーをたずねて三千里」って感じので。

もっとサトシ達が前面切って突っ走るならまた違ったんだろうけど、先頭に立つのはゾロアでサトシ達は後から追っかけるのみ。完全に脇キャラだったんですもん。
今回(今回も?)、とにかく人間キャラの存在感が薄かった!!
「DP完結編!」て銘打つからには、もっと「サトシが頑張りました」てところを見せて欲しかったです。例えば、時の波紋(だっけ?)に入ろうとするコーダイを押しのけて自分が入っちゃう…とか。
あんまり自己犠牲されてもさめるけど、もうちょっと見せ場は欲しいよね。主人公だし。


文句たらたら言ってますが、ここ最近の「伝説同士が戦い、世界の危機が!!」てスケールではなく、「あくまでもその地域だけで起こる事件」なのは好感が持てました
フィールドが小さい分、舞台の描写がしっかりしてたし、なにより町並みや背景が美しい!
「ラティアス」に匹敵する程ですよ。とにかくそこが一番印象的だったかな。
町中を逃亡しつつ、悪漢とのポケモンバトルは、やはり「ラティアス」を思い起こさます。
舞台になってたクラウンシティのモデルはどこなんだろう?? …なんとなくデンマーク??
背景画集とか欲しいくらいす

映画全体としては「凡庸」から出る物ではなかったけど、ゾロア・ゾロアーク親子(疑似親子?)は、ほーんと可愛かった。
サトシ「今度はお前達のふるさとに行くからなー!!」
はい、楽しみにしてます。番外編での再登場
:: 映画(2010年) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
コメント




※文中にメルアドやURLがあると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のメルアド宛にお願いします。
トラックバック URL
http://blog.nisekobox.com/trackback/285