<< ラフ | TOP | WORLD TRADE CENTER >>

エアコンクリーニング!
ずっと、ずっと、ずーっとやりたかったエアコンクリーニング。
ついに今日、10/1が決行日でした。
レポって程でもないけど、何かの参考にでもなれば……と、以下メモ書き。
 【予約の経緯】
「業者に頼むと高い」
「近所の電器屋さんに頼んだ方が良い」
とか、ネットではよく聞くので迷ったんですが、結局は情報の開示度と問い合わせの手軽さから、ダスキンの「エアコンクリーニングサービス」を頼みました。
丁度、キャンペーン中でちょっぴりお値打ち価格……とのこともあり、予約したのは期間ギリギリの7/30。
昼間は仕事してるし、夜は夜で遅くに電話でやりとりするのもなんなので、ネット予約の段階で「やりとりはすべてメールにて!」と念押し。おかげで、トータル30回ほどメールのみでの打ち合わせでした。(なかなか期日とか決めなかったし、かなり嫌な客ですな)

もともとクリーニングをやりたかったのが私だけで、家族はじぇーんじぇん乗り気ではなかったんですが、うちには4台エアコンがあるので、どうせ来てもらって作業するなら全部やった方がよかろうと、4台にて予約。
料金は、1台10000円、2台19800円、3台29700円。
……と設定されていたので、4台での料金は予想通り39600円。
1台あたり9900円。正直かなり高いです。
でも、人件費とか出張費とか、掃除の実費とか考えると、そんなもんかと。
むしろこれ以上安いと、何かあった時の言い訳材料にされそうだし、そもそも今後頼むことがあるとは考えにくい――すでに10年以上使ってる機体ばっかなので、次は買い換えだろう――から、まぁ「たまのリフレッシュ」「オーバーホール」(?)だと思えば、許容範囲です。


【打ち合わせと下見と日程】
予約してから、第一報が来るまでだいたい1日。
丁度繁忙期終盤だったので、「混んでるから無料見積もり(下見)に行けるのが8月中盤以降」と言われ、こっちの予定もあって、下見は8/27に来てもらうことに。
その間に、支払い方法や、大体の設置場所の状態や、作業する時に周辺のモノどかさないとならないのか……とかをチクチクと打ち合わせ。
設置場所とかは問題なく、周辺のモノもよっぽど下が散らかってるとかじゃなければ大丈夫と言われ、まま安堵。でも、支払いが現金(その場で)のみと聞いて仰天!
天下のダスキンが、現金のみ!?
完全にカードで払う気でいたし、そもそも4万なんてめったに財布に入れてネーヨ!
だいたい、9月はちょっと金欠だから捻出できましぇん!
……そんななんで、下見に来た時に「実行日は9/16でどうです?」って言われたものの、全く即答出来なかったです。むしろ、謹んでお断り。
「9月は予定があるんで……ごにょごにょ」とかなんとか言い訳付けて、給料日後の10/1にしてもらいました。
ちなみに、下見はほんの数分で終い。
エアコンの位置を軽く確認するのみでした。
てっきり、パンフとか契約書みたいなもの広げて、保険勧誘みたくなトークが繰り広げられると思ってたから、やや拍子抜け。


【決行日】
「10/1(日)AM10:00頃」
って話になり(9時にと言われたけど、流石に早すぎるので1h遅くしてもらう)、やってきたのは10:00ちょっと前。流石に天下のダスキン、時間には正確です。
「4台クリーニングの所要時間はだいたい3hくらい」と聞いてたから、まさか1人で来るわけじゃないだろうとは思ってたけど、ドアを開けると3人でした。
下見にも来た主任さんと、ベテランらしき女性と、シタッパーズらしき男性。
とりあえず作業の優先順位を決めて、どけたほうがいいものの相談とか、手洗いモノをお風呂で洗うというのでお湯の出し方とかを説明したりして、後はおまかせ。
途中から作業が完了した部屋に掃除機かけたりしてましたが、なにせ全ての部屋を占領されてるので、めちゃめちゃ手持ち無沙汰でした。(犬と一緒にベランダに避難したり、車を掃除に行ったり)

作業は、床に防水のマットを敷いて→エアコンのパネルを外して→防水用ビニールを目張りして→スプレイ洗浄→とにかく洗浄→とことん洗浄→しつこく洗浄→拭き取り→カバー撤去→パネル装着→動作確認→そのまましばらく送風運転って流れ。
1人が外したパネルとかフィルターとかをお風呂で洗って、あとの2人が、ビニール張りとスプレイ洗浄を交替でやってました。
とにかくこの「スプレイ洗浄」が長くて丁寧。
ぱっと見は、市販の「エアコン洗浄スプレー」とかと同じやり方なんだけど、洗剤入りジェット水流だからなにしろ勢いが違います。それに取り込みパネルの方だけじゃなく、吹き出し口の方からもざぶざぶスプレイ。
て、あそこって水掛けてOKなのね……昔自力で掃除した時、濡らしちゃアカンと思って頑張って拭いていたのはなんだったのやら……。
1台に30分以上掛けて洗浄してたので、パネルの着脱やらビニールの準備やらを入れると、1台50分くらいかかったと思います。(順々に流れ作業でやってたから、効率は良かったけど)
来てすぐに作業始めたのに、終わったのは13時過ぎ。
トータル滞在時間は3時間半でした。
もちろん支払いは現金払い。その場で支払いました。(トホホ)


【終了後の感想】
ダスキンの皆さんが引き上げてから各部チェック。
まず防水のビニールは丹念に張ってくれてるんだけど、スプレイから出る霧のような水分が周辺にかなり飛散してたのが気になったので、その辺を再確認。
と、下はビニールでカバーしてるけど、横の対策は全くなしだったので、微妙に周辺に散った後がありました。「濡れてる!」とかはないけど、「かるーく雨でも入ったかな?」って感じ。すぐ近くに水濡厳禁のものが置いてあるとキビシイかもです。(下は完全カバーするので、パソコンとかもそのままでしたけど)
あと、基本的に汚れは「洗い流す」ので、パネルの着脱やら洗浄の勢いで飛ばされた細かいホコリが結構部屋に舞ってました。作業が終わった部屋からすぐに掃除機を掛けて換気しましたけど、それでもその日はなんとなくホコリっぽかったです。
この辺は仕方ないことですが、やっぱ換気が出来ないとかなりキビシイので、その日が雨天とか、真夏とか真冬は避けたいですね。

肝心の洗浄については、これはもう予想以上にキレイになりました。
それこそ舐めても大丈夫なくらい。
一番古くてめっちゃ汚れてた15年もののエアコンも、超ピカピカです。
始動時のニオイは、はじめはちょっとありましたがすぐに収まりましたし、今まで設定温度を高くするとちょっと異臭がしてたのが、平気になりました。

総合的には「かなり満足」です。
出来栄えに満足と言うより、「エアコン洗浄した」という既成事実(?)に満足ってところもありますが、なにせ次の機会など無いと思うので、頼んで良かったです。
まだ新生エアコンの威力を実感してませんが、次の冬には暖房効率がちょっとはUPしてることでしょう。


【余談】
掃除後、やたらと家の中にクモを見かけます。
たぶんエアコンの中に住んでた連中が追い出されたんでしょうね。
それだけ温床になってるってこと……クモだからいいけど、これが仮にゴキブリだったらと考えると卒倒モノです。
電子レンジとかポットとか、暖かくなる系はますますキケン!?
考えるだけで目眩が……。
:: 雑記(徒然) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
コメント




※文中にメルアドやURLがあると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のメルアド宛にお願いします。
トラックバック URL
http://blog.nisekobox.com/trackback/238