<< [DS]DQ5・その10 | TOP | [DS]DQ5・その11 >>

崖の上のポニョ
崖の上のポニョ サウンドトラック久々に映画観てきました!
思いの外、仕事が早く終わったので、後輩と共に近場のシネコンへ。(早いと言っても22時からの上映だけど)
でも行くとなったは良いものの、これといってめぼしいのが無く、安易な選択でコレに。
賛否両論……どっちか言うと否否多論??……とにかくそんな作品ですが、まぁ実際観てみないと。
……ってなわけで、いざ劇場突入です。
50点。(脚本:3/演出:3/映像:3/音楽:3/配役:3)
なにもかも平均的。
どっちとも取れない、ふわふわとした、中途半端な作品でした。

ストーリーは、要するに「人魚姫」。
人間の王子様に恋した魚のお姫様が、魔法の力で人間になる……ってそんなヤツです。
でも、魚の姫ではなくて、海の精霊の女王(??)と魔法使い(????)の間に生まれた人面魚。
王子様役は、その辺のぼっちゃん(そうすけ少年)。
姫&王子の話からかなりランクダウンして、日常ベースになってます。

で、日常にとけ込んでほのぼの一辺倒かと思いきや、これまた如何ともしがたく…。
一見すると日本の地方港っぽいんですけど、土着な生活文化をほとんど感じない上に、登場人物全般がジブリ特有のすっとぼけた感じなので、なんだかとってももやっとします。
なんつーか、「夢の中の物語」なんですよね。
「ファンタジー=夢物語」っていえばそりゃそうなんですが、ファンタジーであっても現実というか、ファンタジーなりの常識や日常があるものですが、それが全くなし。
日常的な描写(=家族の団欒や日々の暮らし)はあっても、それが途中からあっさりひっくり返って、それでいて人々に乖離した日常を悲観する様子がないので、今までのが全部嘘か幻に見えるんですよね。
それこそ夢なんです。寝てるときに見る夢。
伏線もまったく回収しないまま終わるし……。(もともと回収する気もないんだろうけど)

いっそ、
全部そうすけ少年の夢で、起きたら絵本がベッドからおっこちて→その裏表紙にポニョのイラスト→アップになったポニョの絵がウインクで「おしまい」!!
……とか、夢オチにした方がまだスッキリしたような。

とにかく、もやもやしますこの作品。
人の夢を覗き見たとしたら、きっとこんなもやもやっとするんだろうなぁ。
途中まではけっこう好きなシーンも多かっただけに、それが幻と化しちゃった(私にとっては…ですが)のが心底残念です。


もやもや具合とは関係ないですが、
「途中からポニョが鬼太郎に見えてきた」てな感想をよく見るんですが、私には途中から「花田少年史」に見えてました……。
:: 映画(2008年まで) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
コメント




※文中にメルアドやURLがあると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のメルアド宛にお願いします。
トラックバック URL
http://blog.nisekobox.com/trackback/142